妊娠出産はつママ
妊娠前・妊娠初期から妊娠後期・出産までマタニティ・育児情報満載です。

女性側の不妊検査

問診では夫婦生活の状況などを調べます。全身状態を調べる内科の一般検査、子宮ガン、性感染症などの婦人科の一般検査の他、不妊治療特有の検査を行います。検査は月経周期によって「卵胞期」「排卵期」「黄体期」「月経期」の4ジャンルに分けられます。それぞれの主な検査について見てみましょう。

卵胞期の検査
卵胞期とは卵巣内で卵子が育つ期間です。生理の終了後から排卵前の期間までを利用して行われます。卵巣内での卵子の発育状態、卵管の詰まり具合、ホルモン分泌の状態、子宮の異常(子宮筋腫、ポリープ、奇形、炎症、癒着など)の有無を調べます。

排卵期の検査
排卵の数日前から、排卵後に基礎体温が高温になるまでの期間に受ける検査です。超音波検査によって、卵胞の大きさを測定して排卵日を予測します。性行為のタイミングもこの時に指導されます。また、ホルモン検査の他、性行為前後で子宮頸管粘液の状態を調べる検査なども行われます。

黄体期の検査
排卵後から生理前までの期間に受ける検査です。超音波検査によって卵胞の状態を観察して排卵が行われたかどうかを調べたり、子宮内膜の厚さをチェックします。また、ホルモン分泌の状態も検査します。

月経期の検査
生理開始の2〜5日目に行われる検査です。ホルモン検査のほか、月経血を培養して結核菌の有無を調べる検査を行います。

TOPへ戻る

Copyright 妊娠出産はつママ All RightsReserved.