妊娠出産はつママ
妊娠前・妊娠初期から妊娠後期・出産までマタニティ・育児情報満載です。

高齢出産

35歳以上で初めて出産する場合を「高齢初産」と言います。35歳以上で妊娠・出産すると、それ以前の年齢よりもトラブルが起きやすいので少し注意が必要ですが、気にしすぎる必要はありません。 20歳代でもリスクを伴う出産をする人もいますし、40歳代以降でも若い人と同じように初産を難なくクリアする人もいます。出産に伴うトラブルは個人差が多いため、一概に高齢出産=危険とは言えません。 ただし、高齢になるとともに卵巣の機能や血管の弾力性が弱まり、流産や妊娠高血圧症候群、早産や赤ちゃんの先天異常などが起こりやすくなることは確かです。子宮口や産道の伸展性が低下しお産に耐えられる体力も低下していることがあるため、難産になることもあります。また、産後の回復にも多少時間がかかってしまうことが多いようです。さらに潜在的に抱えていた高血圧や糖尿病などの持病が妊娠を機に症状として現れ、悪影響を与えることも考えられます。 高齢出産のリスクを回避するには、体重管理に気を配りストレスなどを溜めこまないことが大切です。疲れた時には決して無理をせず体を休める、定期健診にはきちんと通い異常の早期発見、早期治療を心掛けましょう。 高齢初産というととかくリスクばかりが強調されてしまいますが、今は栄養状態も良く医療も進歩しているため、過度に心配する必要はありません。子どもを持つ幸福を噛みしめ、明るく出産に臨みましょう。

TOPへ戻る

Copyright 妊娠出産はつママ All RightsReserved.