妊娠出産はつママ
妊娠前・妊娠初期から妊娠後期・出産までマタニティ・育児情報満載です。

妊娠中のタバコ、アルコールの影響

タバコ、アルコール妊娠前から控えることが理想です。アルコールに関しては毎晩晩酌をする習慣などは断つべきですが、たまにビールを小さいグラスに1杯飲む程度であれば問題はないでしょう。 しかしタバコは絶対に止めるべきです。タバコを吸っているから妊娠率が悪くなるということではありませんが、早めに止めるに越したことはありません。なぜならお母さんの体内にニコチンが入ることで血管が収縮し、お母さんと赤ちゃんをつなぐ胎盤に酸素や栄養分がうまく届かなくなるためです。その結果、未熟児や脳の発育が不十分になるなど様々な悪影響を胎児に及ぼすことがはっきり分かっています。とくにヘビースモーカーの方は肝に銘じてください。 コーヒーも飲み過ぎはいけませんが、一日1〜2杯程度だったら大丈夫でしょう。今はノンカフェイン製もあるので利用するのもいいのではないでしょうか。

TOPへ戻る

Copyright 妊娠出産はつママ All RightsReserved.