局所麻酔、陣痛促進剤、バルーンと言った医療処置が必要な経腟分娩の方法がありました。おもしろいのを挙げますね。
、医療処置を必要とした分娩方法には下記の方法があるのです。
【無痛分娩】
全体の流れとしては自然分娩の流れと同じですが、無痛分娩に関しては局所麻酔を使用して分娩時の痛みを軽減させると言う手段です。
全く痛みが無いと言う訳ではないです。痛みを少なくして痛みをコントロールすると言う選択なるのです。
局所麻酔となります。意識ももちろんあるのですので赤ちゃんが産道を通っている感覚も味わえます。
、無痛分娩は必ずしも痛みが和らぐと言ったケースばかりではないのです。痛みが和らがなかったと言うケースもある様です。
自然分娩と比較して代金もかさみ、大体10~30万円程プラスされる事が多い様です。
【計画分娩】
全体の流れとして、予め出産希望日を決めておき、それに合わせて陣痛促進剤を使用して陣痛を起こさせて出産すると言う方法いなります。
計画分娩を選択する事由は様々です。だから赤ちゃんの発育の問題等、赤ちゃんの状態から医師が判断した場合、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病等、妊婦さんの状態から医師が判断した場合、ご家族のスケジュールの都合でご家族が判断した場合などがあります。
【吸引・鉗子分娩】
自然分娩の状態で赤ちゃんが途中まで下りてきているのに、ハプニングが起こり医師が急いで赤ちゃんを取り出すと判断した場合や、難産等で妊婦さんの体力が持たないと判断された場合等に行われます。
赤ちゃんの頭に吸引カップを取り付けて、吸引器の力で赤ちゃんを取り出すと言う吸引分娩、鉗子を赤ちゃんの頭に挟んで引き出す方法等があるのです。
どちらも赤ちゃんの頭に痕は残ります。時間の経過と共に自然治癒すると言われています。