出産は女性側だけが行う物と思われがちですが、男性側も一緒に出産に立ち会う事です。出産に関する全体の流れが見え、実際にちゃんと赤ちゃんが生まれた時、非常に感慨深い物になると思うのです。
、事が可能であるのが「立ち会い出産」と言う形の出産チョイスでしょう。
全ての産院で行えるわけではありませんのです。だから立ち会い出産を希望する場合は産院に事前に聞いておくと良いでしょう
立ち会いの方法は様々あります。
陣痛の間だけ付き合う方法、分娩にも立ち会い、分娩室で我が子の誕生を見守ると言う方法等、色々あるのです。
どういった方法で立ち会うかは夫婦間でよく相談した上で決めておくといいですね。
ここが非常に大切です。なので男性側が望む立ち会い方法と女性側が望む立ち会い方法に違いが有る場合はよく話し合って決めなくては、女性側のストレスになる場合もあります。だから注意してください。
立ち会い出産を決めた場合、夫婦で気持ちを一つにして臨む事が大切になります。
両親学級と言う産院主催の出産に関する物には参加をしておいたり、出産に関する知識や全体の流れもしっかりと把握しておくようにしましょう。
立ち会い出産をする場合、男性側がした方が良いと思う心構えが見つけました。紹介しますね。
まずは「頑張れと言い過ぎない事」、
女性は出産時に一生懸命頑張っているのです。だから、その上に頑張れとは言わないようにし、サポートに徹するようにしましょう。
次に「飽きた素振りを見せない事」、
出産が長引く場合、男性側はする事が無く、眠いとか疲れたとか思いがちですが、これは言葉にしないようにしましょう。
この時一番つらく頑張ってるのは女性の方なのですから、
次に「リラックスさせてあげるように したり、労いの言葉をかけましょう」、
手を握ったり、会話したりして女性がリラックスできる環境作りをしてあげる様にしたり、いざ出産が終わった時には「お疲れ様」と労いの言葉をかけるように すると良いですよね。