経腟分娩の中でも、医療処置のある出産方法として「無痛分娩」があります。

「出産」と「痛み」を結び付けてイメージする方も多いですよね。
「鼻からスイカが出て来る様な痛み」と表現する方もいる程です。

そんな話を聞くと出産自体が怖くなってしまいますよね。
でも安心してください。

そこで気にしてるのが「無痛分娩」だと思います。
無痛分娩は痛みが無くなると言う訳では無く、「痛みが緩和される」と言う出産選択なるのです。

全体の流れとしては麻酔により痛みの感じ方を和らげます。
この時意識は有るのですので分娩自体は通常の自然分娩と同様に行われる事になります。

麻酔を使って計画的に出産をする事が多いため、計画分娩として事前に出産予定日を決めておく事が多い様です。

日本の場合は、まだまだ未知の世界と言う事が多い無痛分娩ですが、欧米では無痛分娩が一般的となっている様です。

無痛分娩に行われる麻酔は、脊髄の近くにチューブを挿入して麻酔をする「硬膜外麻酔」と、点滴による「点滴麻酔」の2種類です。

 

無痛分娩

 

痛みの緩和度は硬膜外麻酔の方が良いと言われていますが、針を刺す際に多少痛みを伴うと言うデメリットもあります。ところが、赤ちゃんへの影響が少ないと言われて、から、硬膜外麻酔を選択する方が多い様です。

痛みが緩和されていると言う事から、いきむタイミングが遅れたり、子宮収縮の度合いが弱まる場合があります。しかし、この場合は医師の指示に従って出産に臨むと安心して出産が望めると思います。

無痛分娩は痛みに弱いと思う方、心臓や肺に持病がある方等にオススメです。
無痛分娩は麻酔が赤ちゃんい影響を及ぼすのではないかと懸念されている部分もあります。しかし、赤ちゃんに麻酔による影響は出ない事が多い様です。

痛みが緩和されて母体への影響が少なくて済むと言う良い所が有る一方、通常の自然分娩と比較して値段がかさむと言ったデメリットもあります。

だから、無痛分娩に関する全体の流れをよく把握し、出産方法を選択する際、よく医師と相談して検討していくと良いのではないでしょうか?