経腟分娩の中に自然分娩があります。
日本国内では主流となっている出産の選択肢の1つですね。

出産の全体イメージができていても、実際に行う立場だとすれば何を選んだらいいのか迷うのが普通です。

かんたんですが出産方法としてもメリットデメリットを知っておいた方がいいですよね。ここでは自然分娩の利点について挙げてみますね。

自然分娩は医療処置を行わない出産方法になります。
腹部を切開しませんので帝王切開と比較すると、産後の母体の体力が回復しやすいと言う点がが挙げられます。

出産の後、自力で病室まで戻れる人も多い事から回復力の早さは凄いと思います。

さいきんでは通常産後の全体の流れとして、開いている骨盤を元に戻していく為の骨盤矯正やエクササイズをする場合が多いです。

 

自然分娩

 

体にメスを入れる帝王切開だと傷が回復するまで待たなくてはいけないのですが、自然分娩の場合だと早めに始める事ができるので身体や体力の回復が早くできるようです。

何といっても自然分娩の場合、すぐに赤ちゃんを抱っこできると言う特徴があります。これはとても嬉しい事ですよね。

また医療処置を行っていないため、出産費用が比較的安く済むというのも良い点ですよね。

次に立ち合い出産が可能である場合が多いと言う特徴もあります。
男性側も一緒に出産に参加すると言う意味合いもあり、今どきは立ち合い出産を望む方が多いように思えます。

帝王切開になると医療的な手術になりますので、夫でも立ち合いは難しくなります。
でも自然分娩の場合は、夫が立ち合って夫婦一緒に出産に臨む事が可能となります。

もし自然分娩で夫の立ち会いを希望する場合は、産院や助産院により立ち合い出産が可能であるか確認しておいた方がよいのではないでしょうか?