「自然分娩」と言う経腟分娩の種類があるのです。
日本の場合は、一番一般的な出産方法と言われています。
医療処置を行わず、産道を赤ちゃんが通って膣から出て来ると言う全体の流れになります。
大体は産院にある分娩台の上に乗って、仰向けの状態で出産が行われます。その他にも色々な種類があると言われているんです。
【ラマーズ法】
一般的な出産方法として、産院で取り入れられている出産方法です。
「ヒッヒッフー」と言う言葉を聞いた事がある人も多いでしょう。どうでしょうか?
これは呼吸法の1つです。産道を赤ちゃんが通る時、通常は痛みで身体が緊張した状態になってしまいます。
この呼吸法によって緊張を解してくれたり、意識を呼吸に向ける事で痛みを少し和らげてくれたりする役割が有る呼吸法となっています。
【座位分娩】
通常の仰向けで出産するよりも、座って出産する方がお腹に力が入りやすく、赤ちゃんが自然に下がってきやすいと言われていて、その理論に基づいて分娩椅子に座って出産すると言う方法です。
【水中分娩】
全体の流れとして、浴槽や浅めのプールにぬるま湯を貼り、その中に入りながら出産すると言う手段でしょう。
身体を温めながら出産する事でリラックス状態が生まれ、痛みを和らげてくれる効果が期待できます。
また赤ちゃんは出産まで羊水の中にいます。生まれてすぐに水の中に入る方がストレスが緩和されるとも言われているのです。
通常は水中分娩専用の施設が有る産院で行われます。