妊娠が分かって出産に臨んでいく場合、どんな感じの分娩方法が良いか迷う方も多いでしょう。ニュースでも見ますよね。
おのおのの分娩方法に良い所、デメリットが存在し、不安に思う事も多い事、
分娩に関する全体の流れをきちんと確認しておくと共に、良い所、デメリットも把握しておく事で不安を少しでも和らげることが可能だと思います。
そこでここではどの様な分娩方法が有るのか代表的な物を挙げてみたいと思います。
分娩の種類を大きく分けると「経腟分娩」また「帝王切開」に分けられます。
【経腟分娩】
産道を通って赤ちゃんが生まれる方法の事です。分類すると「自然分娩」と「医療処置ありの分娩」があるのです。
「自然分娩」とは医療処置を施さない分娩の、
「水中分娩」など「座位分娩」など「フリースタイル分娩」や・「ソフロロジー」など「ラマーズ法」や・「リーブ法」等が主に挙げられます。
「医療処置ありの分娩」とは陣痛促進剤、局所麻酔等を使用して行われる分娩の、
「無痛分娩」や「計画分娩」、「吸引・鉗子分娩」等が主に挙げられます。
【帝王切開】
産道を通さず、手術をして赤ちゃんをお腹から取り出すと言う分娩方法の、
元々予定して行う「予定帝王切開」と、経腟分娩から緊急に帝王切開に切り替える「緊急帝王切開」があるのです
その他にも自宅出産や催眠出産等、色々な分娩方法があります。
また全ての産院で全ての分娩方法を対応してくれる訳ではありませんのです。だから希望している分娩方法がある場合には、対応しているかどうか予め聞いてみる必要が有るのです。
また。それぞれの全体の流れを把握しておく事で、分娩方法を選択しやすくるなると思います。