初めて妊娠をした時、嬉しさと幸福感でいっぱいになる人も多い事と思います。
つわり等、苦しい時も有ったり、安定期に入って出産後の準備や将来の事を思い浮かべたりする事も有る、
そうして臨月を迎え、いよいよ出産と言う時期が近付いてくると、出産に対する恐怖心が出て来る人が多いように思えます。
初めての出産は誰もが怖いと感じる物だと思います。なぜ怖いと思う人が多いのでしょうか?
簡単に言えば「初めての事」だからです。
いくらインターネット等で出産に対する全体の流れを把握していたとしても、とは言っても実際に毎日経験した事が無いのです。不安に思う事だらけだと思います。
出産には「痛い」「辛い」また。「苦しい」と苦痛に感じる事が伴う事となります。
病気ではありません。万が一事態が急変して手術等になる可能性もあるのです。
もちろん、稀に脂肪に至ってしまうケースもあるのです。
そう考えてしまうと怖いと不安ですよね。
一度そう思ってしまうとバリエーション豊かな事を調べたくなる物です。よって全体の流れやイレギュラーな事、痛さに対しての事等、とことん調べてしまうのです。
経験した事が無い事は経験してみないと分かりません。経験するまでに結構考え込んだりしてしまう事も多くいると思います。
思いつめすぎてしまうと、ストレス、鬱、体調不良等、母体に悪影響な事ばかり出てきてしまうと思います。
とは言っても実際に経験してしまうと、思ったほどではなかったと思う事も珍しくないです。ニュースでも見ますよね。
必要以上に怖いと思わないようにし、考え方を少し変えてみて、新しい体験ができるんだと思ってみるのも良いと思いますよ、