初めての出産と言うと、妊娠期や出産に関する全体の流れや事柄は調べていても、出産後に関する事は意外と調べてない方も多いのでは?
出産後、直ぐに個性的な手続きが必要となります。そして、できれば出産前に必要となる書類を用意しておきましょう。
そこでここでは出産後の手続きに関する全体の流れを挙げてみたいと思います。
【出生届】
出産日~14日以内に役所に提出する必要がありました。
準備する物は「印鑑」など「出生届」また「出生証明書」・「母子手帳」
【児童手当】
出産日~15日以内に役所に提出する必要があるのです。
準備する物は「印鑑(届出人)」や・「健康保険証(請求者)」・「預金通帳(請求者)」また「所得証明書」
【健康保険証】
赤ちゃんの1ヶ月健診までに健康保険の加入手続きをします。
これは社保の場合は勤務先に、国保の場合は役所に提出する事となります。
準備する物は「印鑑(届出人)」とか「母子手帳(出生届出済証明記入済み)」とか「健康保険証(届出人)」また「出生届(コピー)」
【乳幼児医療費助成】
各自治体より助成金が出ます。だから健康保険に赤ちゃんが加入された後、1ヶ月健診までに各役所に提出して申し込みをします。
準備する物は「印鑑(届出人)」など「母子手帳(出生届出済証明記入済み)」や・「健康保険証(赤ちゃん)」また「預金通帳」
上記の手続きが出生後1ヶ月以内に必要となります。
それ以外でも「出産手当金」や・「出産育児一時金および出産育児付加金」、「育児休業給付金」また「高額医療費」と言った出産に関する手続きが必要に応じてあります。なので出産前にきちんと確認しておくとよいですね。