つわりは多くの妊婦さんが経験しますが、その程度は人おのおので、なんとなく気持ち悪いという軽めの方から、日常の生活に支障が出るような症状が出るまで様々です。

そんなつわりはとっても憂鬱になってしまいました。 精神的に疲れ切ってしまう人も少なくありません。

そもそも、つわりが重症化すると妊娠悪阻(おそ)と呼ばれます。
重症でない限りはつわりは病的なものではないので安心してください。

これだけ医学が発達していても、つわりの原因はいまだに特定されていませんが、いくつかの説はあるようです。
いずれにせよ、辛いつわりには、症状もさまざまです。

胃のムカムカ・吐き気や嘔吐・だるさ・眠気・頭痛・匂いに敏感になる・食べ物への嫌悪・便秘や下痢・喉の不快感などが代表的に言われています。
つわりは大きく分けて5種類あります。
タイプと解消法を募集しています。

 

つわり

 

【1】吐きつわり
代表的なつわりで、常に気持ちが悪く、吐き気がするので食べることが難しくなります。
赤ちゃんのためにと不安にもなりますが、この時期に無理して食べなくても大丈夫です。

食べられるときに食べたいものを食べれば問題ないので無理をしないようにしましょう。
冷たいものや果物、酸味のあるものが食べやすいかと思います。

【2】食べつわり
吐きつわりの逆で、お腹がすくと気持ち悪くなるつわりです。
常に何かを口にしていないと吐き気を催すので食べ過ぎになりやすく、体重増加に注意しましょう。

1回の食事の量を少なくして数回に分けるような工夫をしたらいいです。
飲み物は当分のないミネラルウォーターをオススメします。

【3】よだれつわり
妊娠中に唾液の量が増え、そしてその唾液を不快に感じて気分が悪くなるというつわりです。
対処法としては唾液を吐きだす、うがいをしてさっぱりさせるなど簡単な方法です。

【4】眠りつわり
眠くて眠くてしかたがない症状のつわりです。
少しでも時間を見つけて体を休めるよう心がけて下さい。

【5】においつわり
いままで大丈夫だった匂いに敏感になり、妊娠をきっかけに不快に感じて気分が悪くなります。

マスクをするなどして、吐き気を催すにおいを避けることが解決策となります。
つわりはおさまるまでとっても辛いですが、かわいい赤ちゃんのために頑張って乗り越えましょうね。