初産の場合、個人差はあるのですが出産にかかる時間は10~17時間ほどと言われているんです。

いよいよ出産となった時、慌てなくていいように 出産に関する全体の流れを確認しておくと良いと思います。
全体の流れを大体掴んでおくと、余計な不安を持たずに良いと思います。

 

分娩第1期をおおざっぱに言うと陣痛が始まって10分間隔の本陣痛になってから、子宮が全開大(10cm)になります。

 

分娩には第3期まであるのですが、この第1期が分娩の殆どと言って良い様です。
個人差はあるのですが、初産婦で10~12時間ほど、経産婦で5~6時間ほどかかると言われています。

陣痛の痛みが徐々に大きくなっていき、痛みや苦しみが伴う状態となってきます。
この分娩第1期は「準備期」、「進行期」・「極期」の3段階に分けられています。

 

授乳

 

【準備期】
子宮口:0~3cm大
陣痛の間隔:5~10分
この段階では痛みがある物の、まだ耐えられると言うか、余裕が有る状態と言えます。
先が長いので食事をしたり睡眠を取ったり、入浴したりして、体力を付けたりリラックスしたりするとよいかもです。

 

【進行期】
子宮口:4~7cm大
陣痛の間隔:4~7分
陣痛の間隔が短くなるにつれて、痛みも徐々に強くなってきます。
入院が必要な段階となりますと、病院に行ってお産準備に入ります。
痛みを和らげる様に楽な姿勢を心掛け、陣痛時は呼吸法で、陣痛が治まってるときはリラックスする様にしてください。

 

【極期】
子宮口:8~9cm大
陣痛の間隔:2~3分
子宮口が全開大になる一歩手前となります。
破水が起こったり、かなり痛みが強くなったり、いきみたくなってきますがこの段階ではまだ我慢する必要があります。
分娩第1期を経て、第2期に突入します。