分娩第3期とは、赤ちゃんが体内から出て胎盤が出て来るまでの、
分娩は赤ちゃんが体外に出て来るまでの事を指している訳では無く、この分娩第3期と言われる後作業もありました。おもしろいのを紹介しときます。
ここでは分娩第3期の全体の流れを挙げてみたいと思います。
赤ちゃんが誕生した後に後産陣痛と言う軽い陣痛が3~5分後に起こります。
この陣痛で子宮収縮が軽く起こって、子宮内にある胎盤をカラダの外に排出してくれると言う事になります。
出産の様な痛みが伴う訳では無いのです。だからいきむと言う事はしなくて大丈夫です。
流れに任せておくだけで自然と胎盤が体外に出てきてくれます。
大体初産婦の方で15~30分位、経産婦の方で10~20分位と言われているのでしょうね。また違う考えたかをすれば、長い方でも1時間程で終わるそうです。
この工程が上手く行われない場合は、子宮収縮薬を活用する事もあり、子宮の収縮を促してくれます。
胎盤が体外に排出された後は、会陰切開した後、または裂けた部分を縫合する事となります。
この状態で母体が安定している様であれば、赤ちゃんを抱っこする事ができると思います。よって助産師の指示に従ってください。
通常、出産後は子宮収縮が繰り返される為に出血している状態が続きます。
この出血量が落ち着くまでは分娩室で安静にしておく事が通常となります。
経過を見ながら病室に戻ると言う事になります。
病院によって多少流れは違って来ると思います。また違う考えたかをすれば、全体の流れは大まかにはこんな感じだと思います。なので参考にしてみてくださいね、