出産には帝王切開と言う種類がありますね。一部を挙げますね。
帝王切開の痛みについての情報挙げてみたいと思います。
緊急帝王切開、予定帝王切開共に全体の流れは同じ感じになると思います。
帝王切開をしている最中は麻酔が効いている為に痛みは感じません。
しかし、麻酔が切れた際には傷口に対して痛みを感じ始める方が多い様です。
痛みの感じ方には個人差があるのですが、2~3日の安静を必要とする事が多い様です。
あまりにも痛みが耐えられない場合には、痛み止めを処方してもらって服用する様にしましょう。
その後、帝王切開の翌日辺りから食事を摂り始めます。また違う考えたかをすれば、最初はお粥などの流動食から、その後徐々に普通食へと変えて行く事になります。
通常入院期間は1週間~10日前後と言われているのでしょうね。帝王切開後1週間後位に抜糸が行われます。
この時に診察を行い、退院時期を決めると言う全体の流れになります。
この時にでも痛みを感じる方もいると思います。ですが、時間の経過と共に徐々に痛みも緩和されてくると思います。
麻酔をかけたり、痛み止めを服用したりする為、母乳の事も気にする方も多い事と思います。ところが、経腟分娩でも帝王切開でも母乳が出る時期は同じ位で、大体1日後に出る事が多いです。
母乳には麻酔の影響が殆ど無いと言われています。だから、授乳も通常通り可能できると思います。
心配な場合は医師の指示に従って処方してもらうようにしてください。
帝王切開は赤ちゃんや妊婦さんの肉体への負担を軽減する為に行われる出産方法ですのです。そして 赤ちゃんには悪影響を及ぼす事は殆ど無いと言われているんです。
但し、お母さん側には切開時の痛み等、リスクを多少伴う事が有るのですのです。だから覚えておくとよいのではないでしょうか?