【NOCOR葉酸+DHA/EPAサプリ】

自然分娩における利点

出産 全体の流れ
自然分娩

経腟分娩の中に自然分娩があります。
日本国内では主流となっている出産の選択肢の1つですね。

出産の全体イメージができていても、実際に行う立場だとすれば何を選んだらいいのか迷うのが普通です。

かんたんですが出産方法としてもメリットデメリットを知っておいた方がいいですよね。ここでは自然分娩の利点について挙げてみますね。

自然分娩は医療処置を行わない出産方法になります。
腹部を切開しませんので帝王切開と比較すると、産後の母体の体力が回復しやすいと言う点がが挙げられます。

出産の後、自力で病室まで戻れる人も多い事から回復力の早さは凄いと思います。

さいきんでは通常産後の全体の流れとして、開いている骨盤を元に戻していく為の骨盤矯正やエクササイズをする場合が多いです。

 

自然分娩

 

体にメスを入れる帝王切開だと傷が回復するまで待たなくてはいけないのですが、自然分娩の場合だと早めに始める事ができるので身体や体力の回復が早くできるようです。

何といっても自然分娩の場合、すぐに赤ちゃんを抱っこできると言う特徴があります。これはとても嬉しい事ですよね。

また医療処置を行っていないため、出産費用が比較的安く済むというのも良い点ですよね。

次に立ち合い出産が可能である場合が多いと言う特徴もあります。
男性側も一緒に出産に参加すると言う意味合いもあり、今どきは立ち合い出産を望む方が多いように思えます。

帝王切開になると医療的な手術になりますので、夫でも立ち合いは難しくなります。
でも自然分娩の場合は、夫が立ち合って夫婦一緒に出産に臨む事が可能となります。

もし自然分娩で夫の立ち会いを希望する場合は、産院や助産院により立ち合い出産が可能であるか確認しておいた方がよいのではないでしょうか?

帝王切開の種類

出産 全体の流れ

母体のお腹を切って、お腹から赤ちゃんを取り出す事を「帝王切開」と言います。
帝王切開の事を何となく分かっていても、実際にちゃんといかなる事をするのか、全体の流れはどうなってるのか、わからない事の方が多いのでは?どうでしょうか?
ここでは帝王切開の種類の記事挙げてみたいと思います。
帝王切開は、経腟分娩が難しいと産婦人科医が判断した際に行われる出産選択でしょうね。
基本的な全体の流れとしては、母体に麻酔をかけ、メスを使用してお腹と子宮壁を切開し、赤ちゃんを直接お腹から取り出すと言う選択になります。
通常の経腟分娩では出産時間には個人差があるのですが、帝王切開の場合は1時間ほどで終わる場合が多く、出産による母体への負担、赤ちゃんの負担は経腟分娩と比較して少ないと言うグッドな点が有るそうです。
帝王切開の種類には「予定帝王切開」と「緊急帝王切開」の2種類が見つけました。
【予定帝王切開】
事前に母体の状況を見ながら、帝王切開の方が良いと医師が判断し、出産予定日等を予め決めて行われる出産選択になります。
多くの場合、逆子、多胎妊娠、前置胎盤、以前にも帝王切開で出産をした方等が対象となる事が多いです。
【緊急帝王切開】
元々経腟分娩での出産で臨んでいたが、分娩中に起きた緊急事態により帝王切開に切り替えた場合の出産方法の、
産道をうまく通れず、赤ちゃんに危険が及ぶ場合、出産中に赤ちゃんの心音が弱まってきた場合等の緊急事態の場合に行われます。

パパになる為の心構え

出産 全体の流れ

奥さんが妊娠したと言っても直ぐにパパになると言う実感を持つ方は少ないと思います。
それ以上に責任、重圧と言った事を感じる方の方が多い様に思えます。
自分の生活スタイルが変わってしまう。どうやって今の生活スタイルを維持していこうかと考える人が多い様ということです。
女性側は肉体に変化が出てきます。そして、赤ちゃんが生まれると言う実感を身をもって感じます。ところが、男性側は全く変化が無いため、なかなか実感をする事ができないと思うのです。
そうなると、男性側と女性側の意識の差が大きくなり、ケンカが増えたり意思の疎通ができなくなったりしてくると思います。
難しいとは思います。妊娠が分かった時に、男性側も奥さんと一緒に出産を無事に迎えられる様、全体の流れを把握したり、家事を手伝ったり、病院通いに付き合ったりして、少しずつパパへの自覚を目覚めさせていくと良いと思うのです。
もちろん女性側も男性側の親になると言う自覚を持つ事が遅いと言う事も理解した上で接する様にして確認してみてください。
出産は女性がメインで行います。
からだに関する事は女性側が、その周りをケアする事を男性側がと言うように分担しても良いですよね。
そしていざ出産が終わったら、パパには全体の流れが把握できないと思います。だから、できるだけお子さんとのコミュニケーションの時間を取る様に、心掛けると良いと思います。
お風呂を入れたり、オムツを変えたりするだけでも、我が子への愛情が芽生えてくると思いますよ、

出産祝いのことで

出産 全体の流れ

出産は出産する当の本人と、そのご家族の物と思われがちですが、やっぱり生まれたら友人でも親戚でもお祝いをしたいと思いますよね。
出産に関する全体の流れ等はよく把握していなくても、お祝いをしてあげたいと思う気持ちが有れば十分だと思うのです。
そこでここでは全体の流れではありないでしょう。基本的な出産祝いのマナーを学びましょう。挙げてみたいと思います。
出産祝いは状況によりますが基本的にはは「プレゼント」とか「金券・現金」や「お祝いメッセージ」の3つに大きく分けられると思います。
一般的には「プレゼント」また「金券・現金」ですが、お祝いをする方の経済状況、直接お渡しできない等、色々考慮して、だからとりあえずメッセージだけ贈ると言うのでも問題はないと思います。
要はお祝いをしたいと言う気持ちだと思うのです。
そうしてお祝いを贈るタイミングですが、出産報告がされたら母子の健康状態を聞き、良好であった場合なら直ぐに贈っても良いと思います。
何か出産時にトラブルが有った時に贈られても贈られた方も負担になると思います。だから、相手の状態を考慮して贈る様にしましょう。
大体産後1週間~1ヶ月位で送るのが一般的と言われます。
出産した人に何を贈るのが良いのか聞いてから贈ると言うのでも良いですよね。
出産後は何かと物入りになると思います。だから、相手が欲しい物を贈るのも良いと思います。
まずは出産報告があり、その状態を見極めて出産祝いを贈ると言う流れが基本的な出産祝いのマナーではないかと思います。

パパも出産に立ち会ってみよう

出産 全体の流れ

出産は女性側だけが行う物と思われがちですが、男性側も一緒に出産に立ち会う事です。出産に関する全体の流れが見え、実際にちゃんと赤ちゃんが生まれた時、非常に感慨深い物になると思うのです。
、事が可能であるのが「立ち会い出産」と言う形の出産チョイスでしょう。
全ての産院で行えるわけではありませんのです。だから立ち会い出産を希望する場合は産院に事前に聞いておくと良いでしょう
立ち会いの方法は様々あります。
陣痛の間だけ付き合う方法、分娩にも立ち会い、分娩室で我が子の誕生を見守ると言う方法等、色々あるのです。
どういった方法で立ち会うかは夫婦間でよく相談した上で決めておくといいですね。
ここが非常に大切です。なので男性側が望む立ち会い方法と女性側が望む立ち会い方法に違いが有る場合はよく話し合って決めなくては、女性側のストレスになる場合もあります。だから注意してください。
立ち会い出産を決めた場合、夫婦で気持ちを一つにして臨む事が大切になります。
両親学級と言う産院主催の出産に関する物には参加をしておいたり、出産に関する知識や全体の流れもしっかりと把握しておくようにしましょう。
立ち会い出産をする場合、男性側がした方が良いと思う心構えが見つけました。紹介しますね。
まずは「頑張れと言い過ぎない事」、
女性は出産時に一生懸命頑張っているのです。だから、その上に頑張れとは言わないようにし、サポートに徹するようにしましょう。
次に「飽きた素振りを見せない事」、
出産が長引く場合、男性側はする事が無く、眠いとか疲れたとか思いがちですが、これは言葉にしないようにしましょう。
この時一番つらく頑張ってるのは女性の方なのですから、
次に「リラックスさせてあげるように したり、労いの言葉をかけましょう」、
手を握ったり、会話したりして女性がリラックスできる環境作りをしてあげる様にしたり、いざ出産が終わった時には「お疲れ様」と労いの言葉をかけるように すると良いですよね。

経腟分娩の種類【医療処置が必要な分娩】

出産 全体の流れ

局所麻酔、陣痛促進剤、バルーンと言った医療処置が必要な経腟分娩の方法がありました。おもしろいのを挙げますね。
、医療処置を必要とした分娩方法には下記の方法があるのです。
【無痛分娩】
全体の流れとしては自然分娩の流れと同じですが、無痛分娩に関しては局所麻酔を使用して分娩時の痛みを軽減させると言う手段です。
全く痛みが無いと言う訳ではないです。痛みを少なくして痛みをコントロールすると言う選択なるのです。
局所麻酔となります。意識ももちろんあるのですので赤ちゃんが産道を通っている感覚も味わえます。
、無痛分娩は必ずしも痛みが和らぐと言ったケースばかりではないのです。痛みが和らがなかったと言うケースもある様です。
自然分娩と比較して代金もかさみ、大体10~30万円程プラスされる事が多い様です。
【計画分娩】
全体の流れとして、予め出産希望日を決めておき、それに合わせて陣痛促進剤を使用して陣痛を起こさせて出産すると言う方法いなります。
計画分娩を選択する事由は様々です。だから赤ちゃんの発育の問題等、赤ちゃんの状態から医師が判断した場合、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病等、妊婦さんの状態から医師が判断した場合、ご家族のスケジュールの都合でご家族が判断した場合などがあります。
【吸引・鉗子分娩】
自然分娩の状態で赤ちゃんが途中まで下りてきているのに、ハプニングが起こり医師が急いで赤ちゃんを取り出すと判断した場合や、難産等で妊婦さんの体力が持たないと判断された場合等に行われます。
赤ちゃんの頭に吸引カップを取り付けて、吸引器の力で赤ちゃんを取り出すと言う吸引分娩、鉗子を赤ちゃんの頭に挟んで引き出す方法等があるのです。
どちらも赤ちゃんの頭に痕は残ります。時間の経過と共に自然治癒すると言われています。

出産への不安にへの対策法

出産 全体の流れ

頭では全体の流れ等が分かっていても、どうしても初めてとなると出産は怖い物だと思います。
そんな時、どのようにして気を紛らわせたりして妊娠期を過ごしていったら良いのか、参考程度に挙げてみたいと思います。
【全体の流れを把握する】
とりあえず、出産に対する全体の流れを把握しましょう。
陣痛の痛みや長さ、間隔、子宮口がどうなったら生まれる等、頭に目安として入れておくと良いと思います。
それに併せて呼吸法をどうするかという。事も予習しておきましょう。
【掃除をしてみよう】
じっとしているとどうしても考えが出産の方に行って不安が煽られてしまう傾向にあるのです。
そんな時には少しだけ気になったところをいつもより念入りにピカピカにする事です。よって気持ちが掃除の方に集中し、不安な事を紛らわせることができます。
また。掃除して綺麗になった所を見てみると気分が良いと言うのも良いと思いますよ、
【散歩をしてみる】
家に、が多い方は、気分転換に外に散歩に出てみると言うのも良いと思います。
外の空気に触れる事、色んな景色を見てみると気持ちも良いし気分転換になると思います。
また。外に出る事で色々な情報を得る事ができます。そして、出産だけに気持ちを取られなくていいと思いますよ、
【リラックスする】
好きなアロマオイルを焚いてみたり、足湯をしてみたりして、リラックスする様にするとよいといえますね。
不安な気持ちでいると、どうしても肉体が緊張してしまいます。
リラックスして体を解す事です。不安な気持ちも少し解消されると思いますよ、

出産の流れを予習しておきましょう

出産 全体の流れ

妊婦さんが出産間近になってくると、不安や恐怖でいっぱいになってくると思います。
初産の方にとっては、今まで体験した事が無い事す、どれだけの痛みや苦しみが伴うのか不安に思うのも当然の事だと思います。
陣痛の痛さ、分娩の苦しみ、出産にかかる時間等には個人差があります。
自分がどれだけの感じになるのか考えると不安になる事、
分からないから不安になるのだと思います。
ですから陣痛が始まって出産終了まで、全体の流れをしっかりと把握しておくと、余計な不安や恐怖を感じずに済むのではないかと思うのです。
例えば陣痛が始まって子宮口が10cm大と出産準備状態になるまでに、どの位の間隔で陣痛が襲ってきて、どの位の痛みとなるのか、その時赤ちゃんはいかなる動きや状態なのか、痛みが来た時にどういう呼吸法や対処をすれば痛みが和らぐのか、と言うように、全体の流れを予習しておくと良いと思います。
また。余りにも不安を感じてしまうとお腹の中の赤ちゃんにもそれが伝わってしまうように、も思えます。
少し不安を感じた時には、お腹を触って胎動をしっかりと感じて、赤ちゃんが安心してお腹から出て来れるように コミュニケーションを取る様に、すると、赤ちゃんも妊婦さんも少しは気持ちが落ち着くと思います。
出産時の流れだけではありません。出産後の流れや妊娠時の流れ等、全体の流れを把握しておく様に、すると、これは当然の痛さ、これは想定内の状態、と言う様に、いざという。時に慌てなくて済むと思いますよ、

帝王切開の痛みについて

出産 全体の流れ

出産には帝王切開と言う種類がありますね。一部を挙げますね。
帝王切開の痛みについての情報挙げてみたいと思います。
緊急帝王切開、予定帝王切開共に全体の流れは同じ感じになると思います。
帝王切開をしている最中は麻酔が効いている為に痛みは感じません。
しかし、麻酔が切れた際には傷口に対して痛みを感じ始める方が多い様です。
痛みの感じ方には個人差があるのですが、2~3日の安静を必要とする事が多い様です。
あまりにも痛みが耐えられない場合には、痛み止めを処方してもらって服用する様にしましょう。
その後、帝王切開の翌日辺りから食事を摂り始めます。また違う考えたかをすれば、最初はお粥などの流動食から、その後徐々に普通食へと変えて行く事になります。
通常入院期間は1週間~10日前後と言われているのでしょうね。帝王切開後1週間後位に抜糸が行われます。
この時に診察を行い、退院時期を決めると言う全体の流れになります。
この時にでも痛みを感じる方もいると思います。ですが、時間の経過と共に徐々に痛みも緩和されてくると思います。
麻酔をかけたり、痛み止めを服用したりする為、母乳の事も気にする方も多い事と思います。ところが、経腟分娩でも帝王切開でも母乳が出る時期は同じ位で、大体1日後に出る事が多いです。
母乳には麻酔の影響が殆ど無いと言われています。だから、授乳も通常通り可能できると思います。
心配な場合は医師の指示に従って処方してもらうようにしてください。
帝王切開は赤ちゃんや妊婦さんの肉体への負担を軽減する為に行われる出産方法ですのです。そして 赤ちゃんには悪影響を及ぼす事は殆ど無いと言われているんです。
但し、お母さん側には切開時の痛み等、リスクを多少伴う事が有るのですのです。だから覚えておくとよいのではないでしょうか?

出産の流れ【分娩第3期】

出産 全体の流れ

分娩第3期とは、赤ちゃんが体内から出て胎盤が出て来るまでの、
分娩は赤ちゃんが体外に出て来るまでの事を指している訳では無く、この分娩第3期と言われる後作業もありました。おもしろいのを紹介しときます。
ここでは分娩第3期の全体の流れを挙げてみたいと思います。
赤ちゃんが誕生した後に後産陣痛と言う軽い陣痛が3~5分後に起こります。
この陣痛で子宮収縮が軽く起こって、子宮内にある胎盤をカラダの外に排出してくれると言う事になります。
出産の様な痛みが伴う訳では無いのです。だからいきむと言う事はしなくて大丈夫です。
流れに任せておくだけで自然と胎盤が体外に出てきてくれます。
大体初産婦の方で15~30分位、経産婦の方で10~20分位と言われているのでしょうね。また違う考えたかをすれば、長い方でも1時間程で終わるそうです。
この工程が上手く行われない場合は、子宮収縮薬を活用する事もあり、子宮の収縮を促してくれます。
胎盤が体外に排出された後は、会陰切開した後、または裂けた部分を縫合する事となります。
この状態で母体が安定している様であれば、赤ちゃんを抱っこする事ができると思います。よって助産師の指示に従ってください。
通常、出産後は子宮収縮が繰り返される為に出血している状態が続きます。
この出血量が落ち着くまでは分娩室で安静にしておく事が通常となります。
経過を見ながら病室に戻ると言う事になります。
病院によって多少流れは違って来ると思います。また違う考えたかをすれば、全体の流れは大まかにはこんな感じだと思います。なので参考にしてみてくださいね、



SEO対策テンプレート


ページの先頭へ