【NOCOR葉酸+DHA/EPAサプリ】

「出産」タグの記事一覧

妊娠してから出産するまでの流れ

出産 全体の流れ
妊娠してから出産するまでの流れ

妊娠が分かってからは、たのしみもいっぱいですが不安もいっぱい。

はじめての出産=初産の方にとっては、わからないことばかりで不安でいっぱいになると思います。

そんな不安を減らすには、知識を増やして安心することです。
体験するのは難しくても、段取りを知っているだけでストレスがへりますからね。

【妊娠0~3週】
妊娠1ヶ月目にあたります。
この時は妊娠している自覚が本人には無いため、妊娠に気が付かない事が多いです。

【妊娠4~11週】
妊娠2~3ヶ月にあたります。
生理が遅れると言った自覚症状が現れ、妊娠が発覚しやすい時期になります。

個人差はあります。でも逆に考えることもできます。この頃つわりが始まる方もいる様です。

【妊娠12~15週】
妊娠4ヶ月目にあたります。
お腹が少し出て来る様になります。

【妊娠16~19週】
妊娠5ヶ月目にあたります。
この頃、からだが安定期となる事が多いです。
つわりもこの頃から収まってくる事が多いです。

 

妊娠してから出産するまでの流れ

 

【妊娠20~23週】
妊娠6ヶ月目にあたります。
お腹で赤ちゃんが動く胎動を感じ始めます。
お腹もだいぶ大きくなってきます。

【妊娠24~27週】
妊娠7ヶ月目にあたります。
早産が懸念される時期でもあります。
お腹の張りなど、体調の変化には常に注意しておくと良いといえますね。

【妊娠28~35週】
妊娠8~9ヶ月目にあたります。
お腹がだいぶ大きくなります。
子宮が内臓を圧迫する事も有る為、胃がむかついたり等の症状が出てくる事があります。

【妊娠36~40週】
妊娠10ヶ月目にあたります。いわゆる「臨月」と言う時期です。
いよいよ出産間近になります。なのでいつ出産が始まっても良いように 入院の準備をしておくとよいのではないでしょうか?

【分娩~出産】
分娩が始まり、赤ちゃんが生まれます。
どうですかー、妊娠から出産の全体の流れを簡単に挙げてみました。

文字と言葉だけでどこまで感じがつかめるかわかりませんが、良かったら参考にしてみてくださいね、
あとは出産経験のある友人やセンパイの話をいっぱい聞いてみるのはすごくおすすめですよ。

 

無痛分娩について

出産 全体の流れ
無痛分娩

経腟分娩の中でも、医療処置のある出産方法として「無痛分娩」があります。

「出産」と「痛み」を結び付けてイメージする方も多いですよね。
「鼻からスイカが出て来る様な痛み」と表現する方もいる程です。

そんな話を聞くと出産自体が怖くなってしまいますよね。
でも安心してください。

そこで気にしてるのが「無痛分娩」だと思います。
無痛分娩は痛みが無くなると言う訳では無く、「痛みが緩和される」と言う出産選択なるのです。

全体の流れとしては麻酔により痛みの感じ方を和らげます。
この時意識は有るのですので分娩自体は通常の自然分娩と同様に行われる事になります。

麻酔を使って計画的に出産をする事が多いため、計画分娩として事前に出産予定日を決めておく事が多い様です。

日本の場合は、まだまだ未知の世界と言う事が多い無痛分娩ですが、欧米では無痛分娩が一般的となっている様です。

無痛分娩に行われる麻酔は、脊髄の近くにチューブを挿入して麻酔をする「硬膜外麻酔」と、点滴による「点滴麻酔」の2種類です。

 

無痛分娩

 

痛みの緩和度は硬膜外麻酔の方が良いと言われていますが、針を刺す際に多少痛みを伴うと言うデメリットもあります。ところが、赤ちゃんへの影響が少ないと言われて、から、硬膜外麻酔を選択する方が多い様です。

痛みが緩和されていると言う事から、いきむタイミングが遅れたり、子宮収縮の度合いが弱まる場合があります。しかし、この場合は医師の指示に従って出産に臨むと安心して出産が望めると思います。

無痛分娩は痛みに弱いと思う方、心臓や肺に持病がある方等にオススメです。
無痛分娩は麻酔が赤ちゃんい影響を及ぼすのではないかと懸念されている部分もあります。しかし、赤ちゃんに麻酔による影響は出ない事が多い様です。

痛みが緩和されて母体への影響が少なくて済むと言う良い所が有る一方、通常の自然分娩と比較して値段がかさむと言ったデメリットもあります。

だから、無痛分娩に関する全体の流れをよく把握し、出産方法を選択する際、よく医師と相談して検討していくと良いのではないでしょうか?

自然分娩におけるデメリット

出産 全体の流れ
自然分娩のデメリット

いくら出産に関する全体の流れを把握していたとしても、ある程度予備知識は持っておいた方が良いと思います。

それにより、どんな出産方法を選ぶのか、だいたい決まってくるでしょう。

ここでは自然分娩におけるデメリットの解説挙げてみたいと思います。
自然分娩でも計画分娩では無い場合、陣痛を人工的に起こさないため、いつが出産日になるのか分かりませんよね。

 

陣痛自体を自然なタイミングに任せると言う事になります。
そのため、予定日が近付いてくるといつ陣痛が来るのだろう。どの位の痛みだろう。無事に出産できるのだろうかと言う不安感が募ってくると思います。

 

自然分娩のデメリット

 

その不安感こそが自然分娩のデメリットではないかと思います。
また。出産日がいつか分からないと言う事は、父親等の付き添いの方が出産に立ち合う事ができない可能性も有ると言うデメリットも出てきます。

 

次に陣痛の痛さに耐えなくてはならないと言うデメリットもあります。紹介します。
自然分娩は麻酔を使用しません。
そのため、陣痛の強い痛みに耐えて行かなくてはいけません。

その陣痛の時間も初産で大体12時間~20時間ほど、経産婦の方で6時間位と長時間に渡って続く場合が多い様です。

特に初産の場合は全体の流れを頭で把握していても未経験ですから特に不安だと思います。

加えて会陰切開や縫合の際も痛みを感じる事が有る様です。
この様に、出産タイミングや痛みに関しての良いところが自然分娩の一番のデメリットではないかと考えられます。

出産の流れ【分娩第1期】

出産 全体の流れ
授乳

初産の場合、個人差はあるのですが出産にかかる時間は10~17時間ほどと言われているんです。

いよいよ出産となった時、慌てなくていいように 出産に関する全体の流れを確認しておくと良いと思います。
全体の流れを大体掴んでおくと、余計な不安を持たずに良いと思います。

 

分娩第1期をおおざっぱに言うと陣痛が始まって10分間隔の本陣痛になってから、子宮が全開大(10cm)になります。

 

分娩には第3期まであるのですが、この第1期が分娩の殆どと言って良い様です。
個人差はあるのですが、初産婦で10~12時間ほど、経産婦で5~6時間ほどかかると言われています。

陣痛の痛みが徐々に大きくなっていき、痛みや苦しみが伴う状態となってきます。
この分娩第1期は「準備期」、「進行期」・「極期」の3段階に分けられています。

 

授乳

 

【準備期】
子宮口:0~3cm大
陣痛の間隔:5~10分
この段階では痛みがある物の、まだ耐えられると言うか、余裕が有る状態と言えます。
先が長いので食事をしたり睡眠を取ったり、入浴したりして、体力を付けたりリラックスしたりするとよいかもです。

 

【進行期】
子宮口:4~7cm大
陣痛の間隔:4~7分
陣痛の間隔が短くなるにつれて、痛みも徐々に強くなってきます。
入院が必要な段階となりますと、病院に行ってお産準備に入ります。
痛みを和らげる様に楽な姿勢を心掛け、陣痛時は呼吸法で、陣痛が治まってるときはリラックスする様にしてください。

 

【極期】
子宮口:8~9cm大
陣痛の間隔:2~3分
子宮口が全開大になる一歩手前となります。
破水が起こったり、かなり痛みが強くなったり、いきみたくなってきますがこの段階ではまだ我慢する必要があります。
分娩第1期を経て、第2期に突入します。

分娩の種類の解説です。

出産 全体の流れ

妊娠が分かって出産に臨んでいく場合、どんな感じの分娩方法が良いか迷う方も多いでしょう。ニュースでも見ますよね。
おのおのの分娩方法に良い所、デメリットが存在し、不安に思う事も多い事、
分娩に関する全体の流れをきちんと確認しておくと共に、良い所、デメリットも把握しておく事で不安を少しでも和らげることが可能だと思います。
そこでここではどの様な分娩方法が有るのか代表的な物を挙げてみたいと思います。
分娩の種類を大きく分けると「経腟分娩」また「帝王切開」に分けられます。
【経腟分娩】
産道を通って赤ちゃんが生まれる方法の事です。分類すると「自然分娩」と「医療処置ありの分娩」があるのです。
「自然分娩」とは医療処置を施さない分娩の、
「水中分娩」など「座位分娩」など「フリースタイル分娩」や・「ソフロロジー」など「ラマーズ法」や・「リーブ法」等が主に挙げられます。
「医療処置ありの分娩」とは陣痛促進剤、局所麻酔等を使用して行われる分娩の、
「無痛分娩」や「計画分娩」、「吸引・鉗子分娩」等が主に挙げられます。
【帝王切開】
産道を通さず、手術をして赤ちゃんをお腹から取り出すと言う分娩方法の、
元々予定して行う「予定帝王切開」と、経腟分娩から緊急に帝王切開に切り替える「緊急帝王切開」があるのです
その他にも自宅出産や催眠出産等、色々な分娩方法があります。
また全ての産院で全ての分娩方法を対応してくれる訳ではありませんのです。だから希望している分娩方法がある場合には、対応しているかどうか予め聞いてみる必要が有るのです。
また。それぞれの全体の流れを把握しておく事で、分娩方法を選択しやすくるなると思います。

パパも出産に立ち会ってみよう

出産 全体の流れ

出産は女性側だけが行う物と思われがちですが、男性側も一緒に出産に立ち会う事です。出産に関する全体の流れが見え、実際にちゃんと赤ちゃんが生まれた時、非常に感慨深い物になると思うのです。
、事が可能であるのが「立ち会い出産」と言う形の出産チョイスでしょう。
全ての産院で行えるわけではありませんのです。だから立ち会い出産を希望する場合は産院に事前に聞いておくと良いでしょう
立ち会いの方法は様々あります。
陣痛の間だけ付き合う方法、分娩にも立ち会い、分娩室で我が子の誕生を見守ると言う方法等、色々あるのです。
どういった方法で立ち会うかは夫婦間でよく相談した上で決めておくといいですね。
ここが非常に大切です。なので男性側が望む立ち会い方法と女性側が望む立ち会い方法に違いが有る場合はよく話し合って決めなくては、女性側のストレスになる場合もあります。だから注意してください。
立ち会い出産を決めた場合、夫婦で気持ちを一つにして臨む事が大切になります。
両親学級と言う産院主催の出産に関する物には参加をしておいたり、出産に関する知識や全体の流れもしっかりと把握しておくようにしましょう。
立ち会い出産をする場合、男性側がした方が良いと思う心構えが見つけました。紹介しますね。
まずは「頑張れと言い過ぎない事」、
女性は出産時に一生懸命頑張っているのです。だから、その上に頑張れとは言わないようにし、サポートに徹するようにしましょう。
次に「飽きた素振りを見せない事」、
出産が長引く場合、男性側はする事が無く、眠いとか疲れたとか思いがちですが、これは言葉にしないようにしましょう。
この時一番つらく頑張ってるのは女性の方なのですから、
次に「リラックスさせてあげるように したり、労いの言葉をかけましょう」、
手を握ったり、会話したりして女性がリラックスできる環境作りをしてあげる様にしたり、いざ出産が終わった時には「お疲れ様」と労いの言葉をかけるように すると良いですよね。

なぜ出産は怖いのでしょう

出産 全体の流れ

初めて妊娠をした時、嬉しさと幸福感でいっぱいになる人も多い事と思います。
つわり等、苦しい時も有ったり、安定期に入って出産後の準備や将来の事を思い浮かべたりする事も有る、
そうして臨月を迎え、いよいよ出産と言う時期が近付いてくると、出産に対する恐怖心が出て来る人が多いように思えます。
初めての出産は誰もが怖いと感じる物だと思います。なぜ怖いと思う人が多いのでしょうか?
簡単に言えば「初めての事」だからです。
いくらインターネット等で出産に対する全体の流れを把握していたとしても、とは言っても実際に毎日経験した事が無いのです。不安に思う事だらけだと思います。
出産には「痛い」「辛い」また。「苦しい」と苦痛に感じる事が伴う事となります。
病気ではありません。万が一事態が急変して手術等になる可能性もあるのです。
もちろん、稀に脂肪に至ってしまうケースもあるのです。
そう考えてしまうと怖いと不安ですよね。
一度そう思ってしまうとバリエーション豊かな事を調べたくなる物です。よって全体の流れやイレギュラーな事、痛さに対しての事等、とことん調べてしまうのです。
経験した事が無い事は経験してみないと分かりません。経験するまでに結構考え込んだりしてしまう事も多くいると思います。
思いつめすぎてしまうと、ストレス、鬱、体調不良等、母体に悪影響な事ばかり出てきてしまうと思います。
とは言っても実際に経験してしまうと、思ったほどではなかったと思う事も珍しくないです。ニュースでも見ますよね。
必要以上に怖いと思わないようにし、考え方を少し変えてみて、新しい体験ができるんだと思ってみるのも良いと思いますよ、

出産祝いのことで

出産 全体の流れ

出産は出産する当の本人と、そのご家族の物と思われがちですが、やっぱり生まれたら友人でも親戚でもお祝いをしたいと思いますよね。
出産に関する全体の流れ等はよく把握していなくても、お祝いをしてあげたいと思う気持ちが有れば十分だと思うのです。
そこでここでは全体の流れではありないでしょう。基本的な出産祝いのマナーを学びましょう。挙げてみたいと思います。
出産祝いは状況によりますが基本的にはは「プレゼント」とか「金券・現金」や「お祝いメッセージ」の3つに大きく分けられると思います。
一般的には「プレゼント」また「金券・現金」ですが、お祝いをする方の経済状況、直接お渡しできない等、色々考慮して、だからとりあえずメッセージだけ贈ると言うのでも問題はないと思います。
要はお祝いをしたいと言う気持ちだと思うのです。
そうしてお祝いを贈るタイミングですが、出産報告がされたら母子の健康状態を聞き、良好であった場合なら直ぐに贈っても良いと思います。
何か出産時にトラブルが有った時に贈られても贈られた方も負担になると思います。だから、相手の状態を考慮して贈る様にしましょう。
大体産後1週間~1ヶ月位で送るのが一般的と言われます。
出産した人に何を贈るのが良いのか聞いてから贈ると言うのでも良いですよね。
出産後は何かと物入りになると思います。だから、相手が欲しい物を贈るのも良いと思います。
まずは出産報告があり、その状態を見極めて出産祝いを贈ると言う流れが基本的な出産祝いのマナーではないかと思います。

出産の流れ【分娩第2期】

出産 全体の流れ

分娩第2期を要約すると、子宮口が全開大(10cm)になってから赤ちゃんが生まれるまでの、
個人差は有るのですが、初産婦で2~3時間ほど、経産婦で1~1.5時間ほど時間がかかると言われているのでしょう。
ここでは分娩第2期の全体の流れについて挙げてみたいと思います。
子宮口が全開大になったタイミングで助産師が支持を出してくると思います。指示に従っていきむように なります。
陣痛のタイミングに合わせて赤ちゃんの頭が産道内に下降していきます。
陣痛共に頭が現れ、陣痛が収まっている時は引っ込む状態が繰り返されます。
これを「排臨(はいりん)」と言います。
併せてこの時に破水も起こります。心配せずに助産師の指示に従うようにしてください。
不安だとは思います。また違う考えたかをすれば、もう少しで赤ちゃんとご対面できます。可能であるだけリラックスして出産に臨める様に、心掛けましょう。
次に排臨の時より強い陣痛が起こり、赤ちゃんの頭が膣から見えたままの状態になります。
これを「発露(はつろ)」と言います。
赤ちゃんは顎が上がった状態で、背中を反った様な姿勢となるのが多い様です。
場合に応じて会陰切開される事があります。この時は身体から力を抜き、呼吸法を指示されます。
最後に頭が膣から出てきたら、肩がその後出て、その後はスルッとお腹、脚と出てきてくれると思いますよ、
この時、いきむ事は止めて、ゆっくりと呼吸を吐くように、してください。
ここまでが出産の分娩第2期の全体の流れとなります。

赤ちゃんが生まれてからの手続き

出産 全体の流れ

初めての出産と言うと、妊娠期や出産に関する全体の流れや事柄は調べていても、出産後に関する事は意外と調べてない方も多いのでは?
出産後、直ぐに個性的な手続きが必要となります。そして、できれば出産前に必要となる書類を用意しておきましょう。
そこでここでは出産後の手続きに関する全体の流れを挙げてみたいと思います。
【出生届】
出産日~14日以内に役所に提出する必要がありました。
準備する物は「印鑑」など「出生届」また「出生証明書」・「母子手帳」
【児童手当】
出産日~15日以内に役所に提出する必要があるのです。
準備する物は「印鑑(届出人)」や・「健康保険証(請求者)」・「預金通帳(請求者)」また「所得証明書」
【健康保険証】
赤ちゃんの1ヶ月健診までに健康保険の加入手続きをします。
これは社保の場合は勤務先に、国保の場合は役所に提出する事となります。
準備する物は「印鑑(届出人)」とか「母子手帳(出生届出済証明記入済み)」とか「健康保険証(届出人)」また「出生届(コピー)」
【乳幼児医療費助成】
各自治体より助成金が出ます。だから健康保険に赤ちゃんが加入された後、1ヶ月健診までに各役所に提出して申し込みをします。
準備する物は「印鑑(届出人)」など「母子手帳(出生届出済証明記入済み)」や・「健康保険証(赤ちゃん)」また「預金通帳」
上記の手続きが出生後1ヶ月以内に必要となります。
それ以外でも「出産手当金」や・「出産育児一時金および出産育児付加金」、「育児休業給付金」また「高額医療費」と言った出産に関する手続きが必要に応じてあります。なので出産前にきちんと確認しておくとよいですね。



SEO対策テンプレート


ページの先頭へ