【NOCOR葉酸+DHA/EPAサプリ】

「初めて」タグの記事一覧

妊娠してから出産するまでの流れ

出産 全体の流れ
妊娠してから出産するまでの流れ

妊娠が分かってからは、たのしみもいっぱいですが不安もいっぱい。

はじめての出産=初産の方にとっては、わからないことばかりで不安でいっぱいになると思います。

そんな不安を減らすには、知識を増やして安心することです。
体験するのは難しくても、段取りを知っているだけでストレスがへりますからね。

【妊娠0~3週】
妊娠1ヶ月目にあたります。
この時は妊娠している自覚が本人には無いため、妊娠に気が付かない事が多いです。

【妊娠4~11週】
妊娠2~3ヶ月にあたります。
生理が遅れると言った自覚症状が現れ、妊娠が発覚しやすい時期になります。

個人差はあります。でも逆に考えることもできます。この頃つわりが始まる方もいる様です。

【妊娠12~15週】
妊娠4ヶ月目にあたります。
お腹が少し出て来る様になります。

【妊娠16~19週】
妊娠5ヶ月目にあたります。
この頃、からだが安定期となる事が多いです。
つわりもこの頃から収まってくる事が多いです。

 

妊娠してから出産するまでの流れ

 

【妊娠20~23週】
妊娠6ヶ月目にあたります。
お腹で赤ちゃんが動く胎動を感じ始めます。
お腹もだいぶ大きくなってきます。

【妊娠24~27週】
妊娠7ヶ月目にあたります。
早産が懸念される時期でもあります。
お腹の張りなど、体調の変化には常に注意しておくと良いといえますね。

【妊娠28~35週】
妊娠8~9ヶ月目にあたります。
お腹がだいぶ大きくなります。
子宮が内臓を圧迫する事も有る為、胃がむかついたり等の症状が出てくる事があります。

【妊娠36~40週】
妊娠10ヶ月目にあたります。いわゆる「臨月」と言う時期です。
いよいよ出産間近になります。なのでいつ出産が始まっても良いように 入院の準備をしておくとよいのではないでしょうか?

【分娩~出産】
分娩が始まり、赤ちゃんが生まれます。
どうですかー、妊娠から出産の全体の流れを簡単に挙げてみました。

文字と言葉だけでどこまで感じがつかめるかわかりませんが、良かったら参考にしてみてくださいね、
あとは出産経験のある友人やセンパイの話をいっぱい聞いてみるのはすごくおすすめですよ。

 

出産の流れを予習しておきましょう

出産 全体の流れ

妊婦さんが出産間近になってくると、不安や恐怖でいっぱいになってくると思います。
初産の方にとっては、今まで体験した事が無い事す、どれだけの痛みや苦しみが伴うのか不安に思うのも当然の事だと思います。
陣痛の痛さ、分娩の苦しみ、出産にかかる時間等には個人差があります。
自分がどれだけの感じになるのか考えると不安になる事、
分からないから不安になるのだと思います。
ですから陣痛が始まって出産終了まで、全体の流れをしっかりと把握しておくと、余計な不安や恐怖を感じずに済むのではないかと思うのです。
例えば陣痛が始まって子宮口が10cm大と出産準備状態になるまでに、どの位の間隔で陣痛が襲ってきて、どの位の痛みとなるのか、その時赤ちゃんはいかなる動きや状態なのか、痛みが来た時にどういう呼吸法や対処をすれば痛みが和らぐのか、と言うように、全体の流れを予習しておくと良いと思います。
また。余りにも不安を感じてしまうとお腹の中の赤ちゃんにもそれが伝わってしまうように、も思えます。
少し不安を感じた時には、お腹を触って胎動をしっかりと感じて、赤ちゃんが安心してお腹から出て来れるように コミュニケーションを取る様に、すると、赤ちゃんも妊婦さんも少しは気持ちが落ち着くと思います。
出産時の流れだけではありません。出産後の流れや妊娠時の流れ等、全体の流れを把握しておく様に、すると、これは当然の痛さ、これは想定内の状態、と言う様に、いざという。時に慌てなくて済むと思いますよ、



SEO対策テンプレート


ページの先頭へ