【NOCOR葉酸+DHA/EPAサプリ】

「種類」タグの記事一覧

経腟分娩の種類【医療処置が必要な分娩】

出産 全体の流れ

局所麻酔、陣痛促進剤、バルーンと言った医療処置が必要な経腟分娩の方法がありました。おもしろいのを挙げますね。
、医療処置を必要とした分娩方法には下記の方法があるのです。
【無痛分娩】
全体の流れとしては自然分娩の流れと同じですが、無痛分娩に関しては局所麻酔を使用して分娩時の痛みを軽減させると言う手段です。
全く痛みが無いと言う訳ではないです。痛みを少なくして痛みをコントロールすると言う選択なるのです。
局所麻酔となります。意識ももちろんあるのですので赤ちゃんが産道を通っている感覚も味わえます。
、無痛分娩は必ずしも痛みが和らぐと言ったケースばかりではないのです。痛みが和らがなかったと言うケースもある様です。
自然分娩と比較して代金もかさみ、大体10~30万円程プラスされる事が多い様です。
【計画分娩】
全体の流れとして、予め出産希望日を決めておき、それに合わせて陣痛促進剤を使用して陣痛を起こさせて出産すると言う方法いなります。
計画分娩を選択する事由は様々です。だから赤ちゃんの発育の問題等、赤ちゃんの状態から医師が判断した場合、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病等、妊婦さんの状態から医師が判断した場合、ご家族のスケジュールの都合でご家族が判断した場合などがあります。
【吸引・鉗子分娩】
自然分娩の状態で赤ちゃんが途中まで下りてきているのに、ハプニングが起こり医師が急いで赤ちゃんを取り出すと判断した場合や、難産等で妊婦さんの体力が持たないと判断された場合等に行われます。
赤ちゃんの頭に吸引カップを取り付けて、吸引器の力で赤ちゃんを取り出すと言う吸引分娩、鉗子を赤ちゃんの頭に挟んで引き出す方法等があるのです。
どちらも赤ちゃんの頭に痕は残ります。時間の経過と共に自然治癒すると言われています。

帝王切開の種類

出産 全体の流れ

母体のお腹を切って、お腹から赤ちゃんを取り出す事を「帝王切開」と言います。
帝王切開の事を何となく分かっていても、実際にちゃんといかなる事をするのか、全体の流れはどうなってるのか、わからない事の方が多いのでは?どうでしょうか?
ここでは帝王切開の種類の記事挙げてみたいと思います。
帝王切開は、経腟分娩が難しいと産婦人科医が判断した際に行われる出産選択でしょうね。
基本的な全体の流れとしては、母体に麻酔をかけ、メスを使用してお腹と子宮壁を切開し、赤ちゃんを直接お腹から取り出すと言う選択になります。
通常の経腟分娩では出産時間には個人差があるのですが、帝王切開の場合は1時間ほどで終わる場合が多く、出産による母体への負担、赤ちゃんの負担は経腟分娩と比較して少ないと言うグッドな点が有るそうです。
帝王切開の種類には「予定帝王切開」と「緊急帝王切開」の2種類が見つけました。
【予定帝王切開】
事前に母体の状況を見ながら、帝王切開の方が良いと医師が判断し、出産予定日等を予め決めて行われる出産選択になります。
多くの場合、逆子、多胎妊娠、前置胎盤、以前にも帝王切開で出産をした方等が対象となる事が多いです。
【緊急帝王切開】
元々経腟分娩での出産で臨んでいたが、分娩中に起きた緊急事態により帝王切開に切り替えた場合の出産方法の、
産道をうまく通れず、赤ちゃんに危険が及ぶ場合、出産中に赤ちゃんの心音が弱まってきた場合等の緊急事態の場合に行われます。

経腟分娩の種類【自然分娩-2】

出産 全体の流れ

自然分娩にはラマーズ法、座位分娩、水中分娩と言った方法の他に、色々な種類の方法があります。

全体の流れを把握しておく事、いかなる出産方法が有るのかを把握しておく事です。より満足度が高い出産を迎えらえるのではないかと思われます。

 

【フリースタイル分娩】
文字通り、フリースタイルで行われる出産方法です。出産場所、体勢等を自由に決めて行われる分娩手段です。

全体の流れとしてはまず出産場所を選択します。
畳の上、ベッドの上、分娩室等好きな場所を選びます。
次に体勢を選びます。

仰向け、立った状態、膝たち、四つん這い、誰かに支えてもらう等自由に選びます。
選ぶポイントとしては、楽にいきみやすいと思う体勢です。

通常、参院ではフリースタイル分娩は取り入れていない所が多く、主に助産院にて行われている選択でしょうね。

【ソフロロジー】
ヨガや瞑想法を基盤に置いて行われる出産チョイスになります。
ヨガ等の考え方の通り、からだの筋肉の緊張を解し、リラックスさせる訓練を事前に行います。

また。イメージトレーニングに近いとも言えます。出産時の陣痛の痛みも赤ちゃんが生まれてくる力として考えるとうまくいくことが多いようです。

これらに慣れてくると、出産への不安を軽減させる事ができ、スムーズにお産に臨む事ができます。

【リーブ法】
ソフロロジーと同じ様な感じです。リーブ法は気功を基盤に置いて行われる出産方法です。

リラックス、イメージ、エクササイズ、呼吸から由来していて、身体中に気を巡らせるイメージや赤ちゃんが産道を通って生まれてくる事のイメージをしてお産に臨みます。

出産前に呼吸法、リラックス法、イメージトレーニング方法を訓練します。

経腟分娩の種類【自然分娩-1】

出産 全体の流れ

「自然分娩」と言う経腟分娩の種類があるのです。
日本の場合は、一番一般的な出産方法と言われています。
医療処置を行わず、産道を赤ちゃんが通って膣から出て来ると言う全体の流れになります。
大体は産院にある分娩台の上に乗って、仰向けの状態で出産が行われます。その他にも色々な種類があると言われているんです。
【ラマーズ法】
一般的な出産方法として、産院で取り入れられている出産方法です。
「ヒッヒッフー」と言う言葉を聞いた事がある人も多いでしょう。どうでしょうか?
これは呼吸法の1つです。産道を赤ちゃんが通る時、通常は痛みで身体が緊張した状態になってしまいます。
この呼吸法によって緊張を解してくれたり、意識を呼吸に向ける事で痛みを少し和らげてくれたりする役割が有る呼吸法となっています。
【座位分娩】
通常の仰向けで出産するよりも、座って出産する方がお腹に力が入りやすく、赤ちゃんが自然に下がってきやすいと言われていて、その理論に基づいて分娩椅子に座って出産すると言う方法です。
【水中分娩】
全体の流れとして、浴槽や浅めのプールにぬるま湯を貼り、その中に入りながら出産すると言う手段でしょう。
身体を温めながら出産する事でリラックス状態が生まれ、痛みを和らげてくれる効果が期待できます。
また赤ちゃんは出産まで羊水の中にいます。生まれてすぐに水の中に入る方がストレスが緩和されるとも言われているのです。
通常は水中分娩専用の施設が有る産院で行われます。

分娩の種類の解説です。

出産 全体の流れ

妊娠が分かって出産に臨んでいく場合、どんな感じの分娩方法が良いか迷う方も多いでしょう。ニュースでも見ますよね。
おのおのの分娩方法に良い所、デメリットが存在し、不安に思う事も多い事、
分娩に関する全体の流れをきちんと確認しておくと共に、良い所、デメリットも把握しておく事で不安を少しでも和らげることが可能だと思います。
そこでここではどの様な分娩方法が有るのか代表的な物を挙げてみたいと思います。
分娩の種類を大きく分けると「経腟分娩」また「帝王切開」に分けられます。
【経腟分娩】
産道を通って赤ちゃんが生まれる方法の事です。分類すると「自然分娩」と「医療処置ありの分娩」があるのです。
「自然分娩」とは医療処置を施さない分娩の、
「水中分娩」など「座位分娩」など「フリースタイル分娩」や・「ソフロロジー」など「ラマーズ法」や・「リーブ法」等が主に挙げられます。
「医療処置ありの分娩」とは陣痛促進剤、局所麻酔等を使用して行われる分娩の、
「無痛分娩」や「計画分娩」、「吸引・鉗子分娩」等が主に挙げられます。
【帝王切開】
産道を通さず、手術をして赤ちゃんをお腹から取り出すと言う分娩方法の、
元々予定して行う「予定帝王切開」と、経腟分娩から緊急に帝王切開に切り替える「緊急帝王切開」があるのです
その他にも自宅出産や催眠出産等、色々な分娩方法があります。
また全ての産院で全ての分娩方法を対応してくれる訳ではありませんのです。だから希望している分娩方法がある場合には、対応しているかどうか予め聞いてみる必要が有るのです。
また。それぞれの全体の流れを把握しておく事で、分娩方法を選択しやすくるなると思います。



SEO対策テンプレート


ページの先頭へ